遺留分減殺請求権と相続

被相続人が財産をどのように処分するか決める権利があり、遺言という形で誰に相続させるか残すことができます。
遺言書を書くときには自筆遺言、公正証書遺言、秘密遺言の3種類があります。
自筆遺言はもっともスタンダードな遺言書で、公正証書遺言は公正証書にすることができ、秘密遺言は周囲に内容を知られることなく遺言を残せます。
それでは遺言の中身が通常の遺産分割とは異なっていた場合どうなるのでしょうか?
続きを読む 遺留分減殺請求権と相続

遺留分って何?

遺産相続に関することを調べていると必ず出てくるワードの中に「遺留分」というのがありますが、これはどんなものなのでしょうか?
遺留分は遺産相続をするうえで必ず覚えておかなければならないワードなので、ここでは遺留分について少し詳しく解説していきたいと思います。
はじめに遺留分とは被相続人が本来の遺産分割とは異なる相続をさせたいと望んでいる場合に発生するもので、たとえば一人だけに限度を超えた贈与や遺贈を行っていると遺留分が出てきます。
続きを読む 遺留分って何?

遺留分減殺請求権と遺言書

遺産相続をスムーズに進めるためには被相続人が生前遺言書を残しておくと良いのですが、中にはその中身がきっかけで通常通りの遺産分割が行われないケースがあります。
特に多いのが被相続人が相続人のうち一人だけに財産を多く相続させると記していたり、家族以外に財産を相続させると記載しているケースです。
続きを読む 遺留分減殺請求権と遺言書