あとから相続放棄はできる?

相続

・相続放棄には期限がある
相続が起きたときにはその気になれば故人の遺産をすべて引き継ぐことも可能ですが、これを放棄することも可能です。
これを相続放棄といいます。
相続放棄が選ばれることが多いのは故人に借金など好ましくない遺産がたくさんあったとき。
借金もまた遺産と扱われますから、多大な借金がある相手の財産を無条件に相続するとその借金を自分が背負う形になります。
そうならないように場合によっては相続放棄ができるようになっているのです。
これはあとからでもできるのか、気になっている方もおられるでしょう。

その理由は放棄ができる期限が決まっているからです。
通常はその期限までに放棄の手続きを取れるのが理想です。
その期限とは相続の開始があったのを知ってから3か月以内となります。
つまり身内が亡くなったことを知り、遺産相続の諸手続きが開始されてから3か月以内には相続放棄の手続きをしたいのです。
この期限を何も手続きすることなく過ぎた場合、遺産は単純にすべて相続したものとみなされます。

・あとからでも放棄はできる?
放棄の選択ができる3か月という期間はそれほど長い期間ではありません。
悩んでいるうちに過ぎてしまったり、まだ過ぎてはいないものの、とても3か月以内に結論を出せそうになかったりする場合もよくあります。
あとからでもこの相続放棄は選べるのでしょうか?
これについて基本的にはあとから放棄をやっぱり選ぶといったことは難しいのです。
そのため相続放棄をしたいなら原則として期限までに決断し、専用の手続きをしてください。

期限内の放棄の判断や手続きが難しいと思ったら、そのときは熟慮期間の延長を考えるのがおすすめです。
まだ期限が過ぎていない段階なら事前に申請することで熟慮期間を延長できます。
これで相続の開始から3か月以内という短期間のうちに結論を出さなくてもOKとなるのです。
あとから相続放棄を申請するよりもこちらの方が確実性が高いですから、期限内の放棄が難しい方はこの方法を考えるのがおすすめです。

・あとからの相続放棄も例外的に可能なことも
期限をすぎてあとから相続放棄をするのは基本的に難しくなるのですが、まったく可能性がないわけではありません。
特別な事情がある場合は相続開始を知ってから3か月以内という期限のあとからでも放棄できる場合があります。
その特別な事情とは、たとえば被相続人と相続人が疎遠になっていた場合などです。
このときは期限のあとからでも相続放棄が可能になることもあります。
そのためどうしてもあとから相続放棄をしたければ専門家に相談するといいのですが、基本的には期限内に放棄の手続きができた方が確実ですから、なるべく早めに手続きをしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です