遺留分って何?

遺産相続に関することを調べていると必ず出てくるワードの中に「遺留分」というのがありますが、これはどんなものなのでしょうか?
遺留分は遺産相続をするうえで必ず覚えておかなければならないワードなので、ここでは遺留分について少し詳しく解説していきたいと思います。
はじめに遺留分とは被相続人が本来の遺産分割とは異なる相続をさせたいと望んでいる場合に発生するもので、たとえば一人だけに限度を超えた贈与や遺贈を行っていると遺留分が出てきます。

ひとつ例を出して説明すると、被相続人には配偶者と子供が2人いたのですが、被相続人は家族以外の人間に財産を相続させたいと遺言に残していました。
遺言通りにしてしまえば配偶者や子供は本来もらえるはずの遺産をまったく手にすることができなくなりますので、最低限の財産は相続させるというのが遺留分です。
遺留分の割合は配偶者と子供の場合、配偶者が全体の4分の1、子供が残りの4分の1を相続することができます。
したがって被相続人の意思がまったく無効になってしまうのではなく、最低限の保証をするというのが遺留分なのです。

遺留分を請求するときには遺留分減殺請求権を行使して行いますが、これが行われた場合、基本的に調停や訴訟に発展することがほとんどです。
なぜなら遺留分減殺請求権を行使するということは被相続人の遺言に不満があることの意思表示ですから、被相続人も亡くなっていますし、裁判所によって判断してもらうしかないからです。

遺留分を請求する側であれ、請求される側であれ、こういったことが行った場合はまず法律専門家に相談し、その後の行動を決めるのがおすすめです。
特にお互い譲れない事情がある場合は当人同士で話し合っても解決しませんので、早めに専門家に任せたほうが賢いでしょう。
最近ではインターネット上でも遺留分について調べられますし、最寄りの法律事務所を探すこともできますので、情報収集してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です