遺留分減殺請求権の相談

遺産分割するときにどうやら遺留分が発生するかもしれない、そんなことが分かった場合どのように対処すればいいのでしょうか?
これはまず遺留分減殺請求権を行使し、受遺者に対して請求書を送るところからはじまりますが、自分だけで手続きをするのは不安だと思います。
そもそも遺留分について普段から調べている人はよほど遺産相続や法律に興味がある人くらいですから、なかなか耳にすることもありません。
そこで相談できる相手がいると非常に心強いですが、ポイントになるのは「遺産相続に強い」かという部分です。
続きを読む 遺留分減殺請求権の相談

遺留分減殺請求権の手続き

遺留分減殺請求権を行使する場合、様々なパターンが考えられますが、その際にはどんな手続きになるのでしょうか?
ここではいくつかの例をあげて遺留分減殺請求の手続きについてお話していきたいと思います。
基本的な遺産相続の計算方法を調べるならhttp://sozoku-guide.com/100/
続きを読む 遺留分減殺請求権の手続き

遺留分減殺請求権の対象

遺留分減殺請求権は本来法定相続人になる人たちに最低限の相続をさせる目的がありますが、その対象になるのはどこまでなのでしょうか?
また、遺留分の対象になる財産はどんなものがあるのでしょうか?
ここでは遺留分減殺請求権を行使するにあたって対象になる人、また対象になる財産についてお話していきますから、遺産相続時の知識として頭に入れておきましょう。
続きを読む 遺留分減殺請求権の対象

遺留分減殺請求権の効力

被相続人が生前、通常通りの遺産分割を望まず遺言にその旨を残していた場合、遺産相続は通常通り進まなくなります。
たとえば被相続人には配偶者と子供2人がいたとして、子供1人に遺産のすべてを譲ると遺言されていると配偶者ともう一人の子供が遺産をまったく相続できなくなってしまいます。
そうすると配偶者ともう一人の子供には遺留分減殺請求権が発生し、それを行使することによって最低限の財産を相続する権利が与えられるのです。
最低限確保できる財産のことを遺留分と言い、割合は通常の遺産分割と同様にいくつか組み合わせがありますが、配偶者と子供の場合はそれぞれ4分の1ずつと決められています。
続きを読む 遺留分減殺請求権の効力

遺留分減殺請求権を行使

遺産相続は被相続人の意思だけが反映されるものではなく、残された家族にも相続権が与えられ、法定相続人に当たる人は決められた割合に沿って相続することができます。
しかし被相続人が遺言によって、通常の遺産分割ではない割合で遺贈・贈与を行っていた場合、法定相続人には遺留分減殺請求権が与えられます。
遺留分減殺請求権とは最低限の遺産を相続できる権利のことで、相続権を侵害された場合に行使できます。
続きを読む 遺留分減殺請求権を行使

遺留分減殺請求権と相続

被相続人が財産をどのように処分するか決める権利があり、遺言という形で誰に相続させるか残すことができます。
遺言書を書くときには自筆遺言、公正証書遺言、秘密遺言の3種類があります。
自筆遺言はもっともスタンダードな遺言書で、公正証書遺言は公正証書にすることができ、秘密遺言は周囲に内容を知られることなく遺言を残せます。
それでは遺言の中身が通常の遺産分割とは異なっていた場合どうなるのでしょうか?
続きを読む 遺留分減殺請求権と相続

遺留分って何?

遺産相続に関することを調べていると必ず出てくるワードの中に「遺留分」というのがありますが、これはどんなものなのでしょうか?
遺留分は遺産相続をするうえで必ず覚えておかなければならないワードなので、ここでは遺留分について少し詳しく解説していきたいと思います。
はじめに遺留分とは被相続人が本来の遺産分割とは異なる相続をさせたいと望んでいる場合に発生するもので、たとえば一人だけに限度を超えた贈与や遺贈を行っていると遺留分が出てきます。
続きを読む 遺留分って何?

遺留分減殺請求権と遺言書

遺産相続をスムーズに進めるためには被相続人が生前遺言書を残しておくと良いのですが、中にはその中身がきっかけで通常通りの遺産分割が行われないケースがあります。
特に多いのが被相続人が相続人のうち一人だけに財産を多く相続させると記していたり、家族以外に財産を相続させると記載しているケースです。
続きを読む 遺留分減殺請求権と遺言書