遺留分減殺請求権とは

遺産相続時には相続税や財産分与など様々な問題が持ち上がり、各家庭で十分に話し合ってスムーズな遺産相続になるように努める必要があります。
遺産相続=トラブルになりやすいというイメージは未だに多くの人が感じており、なかなか払しょくすることができませんが、その大きな原因のひとつに被相続人及び法定相続人の知識不足というのがあります。
中でも特に詳しく知っておいて欲しいのが遺留分についてで、これが発生すると遺留分減殺請求権がありますから、それを行使して最低限の財産を相続することができます。
そこで今回は遺留分とはどんなものなのか、また遺留分減殺請求権についてお話していきますので、これから遺産相続する可能性がある人は参考にしてください。

まず最初に遺留分とはどんなものかと言うと、先ほども少し触れましたが最低限の相続を保証してくれるもので、対象となるのは被相続人の配偶者と子供、父母祖父母です。
遺留分が発生するケースは遺産分割が通常通り行われない場合で、その権利を守るためにあるのです。

ひとつ例を出してみると、被相続人には生前配偶者と子供A・B・Cがいたとしてます。
被相続人は遺言書に自分の財産のすべてを子供Aのみに相続させることを記しており、そうすると本来の遺産分割ができなくなってしまいます。
本来配偶者と子供3人であれば、配偶者が全体の2分の1、子供3人で残りの2分の1を分け合うことになっていますので、子供A以外の配偶者・子供B・Cは大きく損をしてしまいます。
そこで最低限財産の相続をできるように遺留分を請求する権利が与えられ、決められた割合で財産を相続することができます。

遺留分の割合は配偶者が全体の4分の1、子供が全員で全体の8分の1を相続することができますので、通常の遺産相続の半分ということになります。
また、配偶者と父母祖父母が残されている場合は配偶者が3分の1、父母祖父母で6分の1の遺留分を請求することが可能です。
さらに配偶者や子供、父母祖父母もおらず、兄弟姉妹のみが残されている場合は遺留分が発生しませんので、被相続人の遺言通りに遺産相続が進められます。
このように遺留分とは被相続人が通常通りの遺産相続を望まなかった場合に発生するものなのです。

それでは遺留分減殺請求権とはどんな権利かと言うと、先ほどからお伝えしている遺留分を請求できる権利のことで、基本的に被相続人の配偶者や子供、父母祖父母であれば誰でも行使することができます。
ただし遺留分が発生することが確認できていなければいけませんし、通常通りの遺産分割が行われている場合は発生しません。

もうひとつ覚えておいてほしいのが遺留分減殺請求権の期限で、これは相続を開始することが分かってから1年以内、知らなかったとしても10年以内にしなければ無効になります。
このあたりは少し難しい部分で、知っていたかどうかの判断は相続人自身しか分からないことですし、知っているか知らないかで揉めることもあります。
ですから、もし通常通りの遺産相続にならない場合はそのような相続になることを相続開始時点で伝えておくのが一番ですし、何か証拠の残るもので伝えておくと遺留分減殺請求もスムーズにできますし、遺留分減殺請求権を行使するかどうかもすぐに分かります。

そもそも遺留分が発生するケースというのは被相続人が相続の段階で誰かを優先させていることになりますので、何らかのトラブルが起こっている可能性も考えられます。
たとえば被相続人の生前に子供一人だけが事業を積極的に手伝ってくれた、介護を長期間してくれている場合、その子供に対して多く財産を残してやりたいという考えから来ることがあります。
一般的にこれは寄与行為にあたるので寄与分となるのですが、それでも遺留分は認められることがほとんどです。
稀に疎遠になっていたり、被相続人の財産や名誉を著しく低下させる行為があった場合は認められませんが、遺留分は本来残された相続人を守るという趣旨がありますからよほどのことがない限り遺留分減殺請求が却下されることはないでしょう。

もしこれから遺留分が発生するかもしれない場合は遺留分減殺請求に向けて早めに動き出したほうがいいですし、そのためには専門家の力を借りることをおすすめします。
と言うのも遺留分が本当に発生しているのか、また無用なトラブルを避ける意味で素人が手を付けるよりも専門家に任せたほうが穏便かつスムーズに解決するからです。
被相続人の生前に尽くしてきたにも関わらず、遺産を愛人に相続させるという事例もありますし、最低限の相続を保証してもらう意味でも遺留分は請求すべきです。

もしよく分からない、どのように請求すればいいか知りたい場合は遺産相続を専門にしている法律事務所へ一度足を運んでみてください。
相続税の相談なども受けてくれます。
最近ではメールや電話でも相談を受け付けているところがあるので、そういったところからはじめてみるのもいいかもしれません。